ISO14001

iso14001

iso14001

『地域の環境保全活動の一部として、事業者として何ができるのか?』

iso14001

横浜の地で開業して約半世紀、横浜のこの地域の貢献に資する事を実施する為に、私達事業者でもすぐに始められる事として平成23年よりIS014001の環境活動を開始しました。具体的には、地域に対する環境影響を考えて、企業活動の中で発生する紙ごみを出さない、電力消費を抑制する、エコ製品を購入する、廃棄物や汚物を環境に優しい方法で処理する、為を実現するための社内の仕組み作りに取り掛かりました。

ISO14001ではただ単純に環境活動を行う訳ではありません。その「過程」も同様に重視です。予め初めから環境に悪影響を及さない仕組みをかっちり作り上げて完了ではなく、それらが社内で実施されるそれぞれの過程を精査して、若し改善点があれば改善を重ねて活動を持続していく事が重要となりますので、一人一人が環境保全保護に対する意識を高く維持しつつ、社内では体制を確保して地域貢献が継続できるよう社員一丸となって取り組んでいます。

iso14001

iso14001

当社は総合ビルメンテナンス会社として、常に多人数が利用する建築物の衛生的環境の確保と資産の維持保全を図る為に、種々のサービスを提供することを事業としています。

「“かけがえのない地球”を健全な状態で次の世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」 との認識に立ち、総合ビルメンテナンス会社としての自覚の元に、 株式会社三光ビルサービス社 経営理念 我が社は勇気を持って限界に挑戦し、社会に貢献できる「夢のある会社」を創るに基づき、より良い地球環境の実現に向けて、環境方針を下記の通り定める事します。

iso14001

  1. 地球環境保全の向上に寄与する事を経営の最重要課題の一つとして位置付けて、環境目的・目標を定めて全員でその達成に向けて推進します。
  1. 環境関連の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守すると共に、技術的、経済的に可能な範囲で自主基準を制定し、継続的改善及び汚染予防と一層の環境保全に取り組みます。
  1. 事業活動、サービスに係わる環境側面において特に次の項目の改善に努めます。
  • 薬品・洗剤等をレビューし、環境負荷の少ない商品へ移行、統一する事により環境へ与える影響の低減と在庫の削減による資源の有効活用を図ります。
  • 省資源活動、および循環型社会に向けての取り組みを推進します。
  • ビルのオーナーとの協力体制による省エネルギーによる地球温暖化及び資源枯渇の排出抑制に努めます。
  1. 地域社会と環境に貢献するには、会社の利益が不可欠であることを認識します。
  2. 無駄な資源、エネルギーの使用につながるお客様からの要望の削減、素早い解決に努めます。
  3. 環境方針を徹底し実行する為に、必要なシステムを構築し、文書化し、維持し、周知します。本方針の内容は定期的に、或は必要に応じて見直します。そして本境方針は広く一般に開示します。

 平成 23 年 4 月 30 日

iso14001

社員への浸透と実施を目的としてISO事務局を中心に定期的に社内教育を実施しています。ISO事務局では以下管理ツール等も独自に作成、社内徹底と厳密運営を実施しています。

iso14001
「ISO14001」(適用範囲、本社)の1年次定期サーベイランス審査が2016年9月23日に実施され、「認証の維持」が推薦される運びとなりました。2000年10月「ISO14001認証取得」以来、引き続き継続的な改善活動を目指しています。

インフォメーション

クリーンぷれす

クリーンぷれす