設備管理業務

設備管理

設備管理

設備管理業務の形態として、常駐設備管理と巡回設備管理があります。

設備管理

設備管理

常駐設備管理は、施設内の設備を統括的にコントロールできる「中央監視室」に設備スタッフが常駐して、監視モニターを見ながら、設備の稼働状況を確認したり、各設備の起動・停止、空調関係の温度管理などをしております。
また、日常的な点検で、施設内を廻り、各設備の運転状況に異常かないかのチェックしたり、データ測定など記録を保存して、常に正常で、良好な状態で維持管理していきます。

設備管理

設備管理

巡回設備管理は、施設に常駐はしませんが、定期的に設備スタッフが施設を訪問し、各設備について異常の有無を点検し、各設備に応じた消耗品の交換やグリーズアップやフィルター清掃など様々なメンテナンスを行います。
設備管理をする上で、施設内を常に衛生的で快適な環境に保持することが大切なことです。
また、近年ビルのインテリジェント化が顕著で、管理技術が高度化し建築設備の保全管理の質により、運転効率や設備の寿命を左右していきます。

設備管理

設備管理

豊富な知識と豊かな技術をもつ経験豊かなスタッフが、日々自己研鑽を重ね、故障を未然に防ぐため予防保全の提案や省エネルギーの取組みを行い、お客様の大切な資産を守り続けています。

お問い合わせ

インフォメーション

クリーンぷれす

クリーンぷれす