環境に強い クスクス焼却炉の取り扱いを始めました。

  • 2018.4.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1.酸化燃焼で800℃以上、燻燃(低酸素燃焼)で300~400℃となるため、ダイオキシンの発生が抑えられます。(ダイオキシン類測定100%クリア!)
2.ゴミを炉内いっぱいにギュウギュウ詰めができるため、連続投入の必要がなく、手間がかからないため人件費を抑えられます
3.南極などの厳しい自然環境でも安定して稼働します。
4.最小限のエネルギーで燃やせるので、ランニングコストや環境負荷が減らせます

 

 クスクス焼却炉は負圧の(引っ張られる)空気を利用した焼却炉です。[特許取得!]
※タバコを吸ったときによく燃える原理です!

 

【A】 吸引空気取入口
【B】 酸化燃焼800℃以上
【C】 蒸し焼き300~400℃(還元雰囲気下)
【D】 ガス化室(還元雰囲気下)
【E】 ブロアー
【F】 燃焼室用バーナー
【G】 エジェクター方式による
【H】 煙突〔排気筒〕
【I】 外気へ

図のように、ブロアー【E】が空気を送ると、吸引空気取入口【A】より空気が取り込まれ、炉内はゴミの間を通って負圧の空気が流れます。
常に炉内の空気を吸い出すことによって、空気の流れは止まらないため、ゴミの下部からどんどん燃えていくのです。これはタバコを吸ったときによく燃える原理と同じです。

〇南極昭和基地
1基目 2000年10月 MS-J500
2基目 2003年3月  MS-700KD・N 稼働中!
3基目 2007年11月 MS-J500 稼働中!

〇南鳥島 自衛隊基地
2004年1月  MS-700KD・N 稼働中!

〇硫黄島 自衛隊基地
1基目 2004年11月 MS-1400KA・R 稼働中!
2基目 2012年4月 MS-1400KAD 稼働中!

〇靖國神社
1998年12月  MS-1400KA 稼働中!

〇新潟県 中間処理業
2006年5月  MS-KB5000(25トン/日) 稼働中!

他にも大型、中型 約200台のクスクス焼却炉が導入されています。

 

クスクス焼却炉製品カタログ

この他にも派生型を多数ご用意しております。
まずはご連絡ください!

連絡先
株式会社 三光ビルサービス社
住所:横浜市中区本町1-3 綜通横浜ビル

メール:sales@sanko-bs.co.jp
電話: 045-201-2846

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR