クリーンぷれす

「おうち修繕のコツ」ドア調整編

クリーンぷれす

ドア部品として壊れやすいのは、ドアクローザーと蝶番です。ドアクローザーはあまり聞き馴染みがない言葉かもしれませんが、ほとんどの玄関ドアに付いている部品です。今回はドアクローザーの調整についてお話しします。
玄関ドアの上方を見ていただくと、アームと四角いボックスが設置されているかと思います。これがドアクローザーといわれるもので、ドアが勢いよく閉まって怪我をするのを防いでくれます。ドアは前後に動き、毎日使用しますので、長く使っていると故障しやすい装置ともいえます。ドアクローザーの故障であれば、調整だけで済むこともあります。
例えば、調整弁がドアクローザー側面にある(番号が割り振られているネジがそれにあたります)ので、ドアが閉じる速度を遅くしたいときは時計回りに回しましょうドアが閉じる速度を速めたい場合は反時計回りに回します。 この様に自分で調整可能して直せる場合もあります。

本体から油が漏れている場合は、なるべく早くドアクローザーの交換を業者に依頼しましょう。

「蝶番を確認する」
蝶番はドアクローザーと同じく、ご自身で直すことができる部品のひとつです。

  • ドアの開閉時に異音がする
  • ドアの開閉時にドア枠に擦ってしまう
  • 鍵が閉まりにくい

このような症状が見られたときは、最初に蝶番を確認した蝶番のネジが緩んでいたり、蝶番そのものが変形していることがあります。
ネジが緩んでいる場合は、ドライバーで締め直しましょう。
その際は、ドアを正しい位置に固定してから締め直すようにしてください。どこまで締めても空回りするようでしたら、少し長めのネジに交換します。
蝶番そのものが変形していたときは、ネジの締め直しではなかなか改善しません。同じ蝶番を購入して交換することになりますが、蝶番を外すとドアが外れてしまいます。
玄関ドアは非常に重いので1人で行うとケガをする可能性があります。DIY慣れしていない方は、必ず2人以上で作業してください。

「業者に依頼した方がいい場合」
部品の交換だけでしたら、ご自身でドアを直せるケースもありますが、地震などによってドア本体やドア枠が変形したときは、DIYで直すことは不可能に近いです。地震の後にドアの開閉ができなくなったときなど、ご自身でできそうにないときは業者に依頼しましょう。

関連記事

インフォメーション

従業員募集

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR