クリーンぷれす

社長の読書部屋

社長の読書部屋

代打・本部長のオモシロ本

ずいぶん前に出版された本ですが、今読んでも面白い本です。何しろ現役の厚生省(現厚労省)課長がお役人とお役所の本音(驕り、堕落、腐敗などを含め)をあまりにも率直に発表したため、懲戒免職となってしまった本なのです。The Straitjacket Societyとして英語でも出版されましたし、ドイツ語版、フランス語版も出版されベストセラーになりました。要はお役人になってはいけない人が役人になってしまったと言うことなのですが、前例至上主義、国会想定問答集、予算決定の裏事情、いじめ事件など未だにあるであろう問題を率直に批判した「正論」ともいえると思います。

お役所の掟―ぶっとび霞が関事情
宮本 政於(まさお) 著
講談社+α文庫 740円

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR