クリーンぷれす

交通安全教育

クリーンぷれす

4月の17日・18日の2日間に分けて本社会議室で運転免許を持っている者(特に会社車両を運転する者)を対象に交通安全教育が実施されました。

内容は教育用DVDを観た後に最近の交通事故の状況等の話を聞き、質疑応答となっていました。

DVDはドラマ仕立てとなっており事故を起こすと被害者のみならず加害者本人、その家族、勤務先まで被害が及ぶことになるので運転には十分気を付けましょうといった内容でした。

私も含め車を運転している者は誰でも1度くらい危険を感じヒャッとしたことが有ると思いますが、運良くその時は事故にならずに済んだというだけで一歩間違えば大きな事故になっていたかもしれません。

また、いくら自分が細心の注意をはらって運転していても事故をもらってしまう可能性もあります。

私が免許を取得し運転してから35年ほど経ちますがその間に大小合わせて5回は事故が起きています。(バイクでの事故も含む)これが多いのか少ないのかはわかりませんが・・・

大津市の交差点事故以来、交通事故のニュースがとても目立っていますが実は報道されないだけで毎日何処かでたくさんの事故は起きています。

事故を起こせばDVDのドラマではありませんが周囲にも迷惑がかかりますし、ご自身の精神的、経済的にも負担がかかり良いことは何一つありません。

車、バイクはとても便利なものですが、一歩間違えると人を殺してしまう恐ろしい凶器になってしまいます。

加害者にも被害者にもならないよう運転の際は①時間に余裕を持ち、(時間に焦ると運転が雑になり注意する力が低下します)②自身の体調と相談し不調の場合は運転を控える(寝不足や薬の副作用、身体がきちんと動くのかなど)

無理、無茶な運転は絶対にしないよう又、乱暴な運転をしている車には近づかずに道を譲る等で交通事故になる可能性を少しでも減らしていきましょう。

 

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR