クリーンぷれす

安全への心構え

クリーンぷれす

クリーンクルーとして意欲的に仕事をこなすには、心身ともに健全であるとともに、無事故であるということです。
作業の中には洗剤で床を洗ったり、また、ポリッシャーというような機械も使用します。
「大丈夫」と過信した時に事故が発生したりするものです。

これから5つの心構えをご説明します。
①用具などの整理・整頓の習慣をつける
用具などの置き方が悪く、また散乱している為に、つまずき大事故が発生するケースもあります。

②異常があればすぐ連絡
建物内に何か異常や不具合、判断に困る事があれば、ほおっておかずにすぐに担当者へ連絡しましょう。

③作業マニュアルやルールを無視しない
身勝手な行動が事故を招きます。また、経験や慣例から生まれた作業マニュアルやルールをおろそかにしないことです。

④共同作業の場合にはチームワーク良くお互いに声を
共同で作業する場合にはお互いの位置や状況を確認するために声をかけあいましょう。

⑤用具の保全・点検をしっかりと
清掃用具の不備は、作業効率を下げるばかりでなく万一の危険に繋がるケースもありますのでで使用前後には必ず点検しましょう。

⑥KYT(危険予知)活動には積極的に参加
職場全員が安全確保を目的に考えたり。話し合ったりするのがKYT活動です。積極的に参加して安全意識を高めましょう!

社団法人 関西環境開発センターより

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR