クリーンぷれす

労働災害の発生状況

クリーンぷれす

平成10年以降の20年間の死傷災害の発生状況について、労働災害防止計画ごとに平均して見ると、製造業と建設業においては死傷者数の減少率は全業種平均を大幅に上回りましたが、第三次産業の中には、社会福祉施設のように、労働者数の増加を考慮したとしても死傷者数の増加幅が著しい業種があります。
また、事故の型別に見ると、「転倒」「動作の反動・無理な動作」といった高い年齢層で発生しやすい災害が増加しています。また、第三次産業では、事業場が分散しており個々の事業場の権限や予算が十分になく、事業場ごとの安全衛生管理の仕組みが十分に機能していない場合が考えられます。このような背景を踏まえ、高齢化や就業構造の変化を考慮した対策が求められます。

労働災害の発生状況

画像は労働災害防止計画期間ごとの主な事故の型別の死傷災害件数の推移のグラフです。
出典:厚生労働省ホームページ

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR