社長の読書部屋

社長の読書部屋

代打・本部長のオモシロ本

今月からしばらくの間、社長に代わって私、小池が面白いと思った本を何冊かご紹介いたします。
世の中にはいろいろ面白いことを研究している方がいらっしゃいますが、この本の著者は京都大学出身の動物行動学者でカラスの生態、行動と進化を研究されています。
帯に「イメージ変わるよ。」「こんなに面白くてカワイイ鳥はいません」とありましたが、ボクもこの本を読んでカラスに対する見方が変わりました。なかなか興味深い生き物です。
こんな暑い夏の日でも「カラスはどう過ごしているのか」と今日も汗をかきかき松原さんはフィールドワークを続けているのでしょうね。

カラスの教科書
松原 始著

講談社文庫 778円

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR