社長の読書部屋

社長の読書部屋

米国混乱の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる 宮崎正弘
保護主義化する世界で高まる「中華帝国」への敵意と嫌悪

出版が2017年3月なので一部新鮮味に欠けるきらいがありますが、ずっと現地取材を続けてきた著者が予測する中国の今後はなかなか厳しいものです。海外への軍事的・経済的影響力の増大、領土拡張の目論見、世界のリーダーになろうとしている中国に対して世界が大反発しているというのです。今年、秋の共産党大会が中国崩壊を加速し、「トランプ」以後日本が中国との歴史戦に勝利するというのですが・・・

関連記事

インフォメーション

クリーンぷれす

クリーンぷれす

CSR