ISO事務局だより

ISO事務局だより

マネジメントシステムのPDCAサイクルについて

 企業などの組織がマネジメントシステムを構築する際にまず必要なのは取り組むべき課題、つまり目標の設定です。目標の設定するためには組織の内外にあるリスクを洗い出し、それらのリスクを管理する必要があります。

例えば、わが社の取得している環境マネジメントシステム(ISO14001)を構築する場合、組織を取り巻くすべての環境管理事項(資源、廃棄物、生態系への影響等)を管理することは不可能です。

経営面からみても、限られた資源(ヒト・モノ・カネ)を環境管理のためだけに重点的に投入する余裕はありません。そこで優先順位を決めます。

環境に関する問題点を列挙し、影響の大小を評価し影響度合いの大きいものから優先的に実施、統括的に管理を行います。これは、業種は問わず、世界的に標準化されているマネジメントシステムです。経営の手法においても同様です。

ステップ:

  • 管理する対象(品質、環境など)の問題点を列挙し、リスクの大きさに応じて優先順位を決め、課題を設定します。
  • 課題を解決するための「計画・方策(Plan)」を立て、それを「実施(Do)」します。
  • に実施した結果が解決につながったかどうかを検証します。
  • 検証結果の内容を総括して、場合によっては必要性や緊急性や重要度に応じて課題そのものの本質を捉えるべく課題内容を根本から「見直し(Check)」たり、或は実施方法や方式、実行手順の変更などの細かな「改善(Act)」を行います。それらの結果は、全て次の活動に引き継がれます。

このような課題設定から始まる「計画(Plan)→実施(Do)→見直し(Check)→改善(Act)」という組織活動のループを「PDCAサイクル」と呼びます。マネジメントシステムにおいてはこの管理対象に焦点を当ててPDCAサイクルを回すこと、別の言い方をすれば「継続的改善改良」を行っていくことが要求事項として定められています。

組織の置かれている状況は、会社の規模や業種、地域(国内外も含めて)、従業員等さまざまな要因によって決まるため、列挙する課題も優先順位を決める判断基準も、課題を解決する方法もそれぞれの組織ごとに異なります。つまり、構築するマネジメントシステムは一律ではなく、個々の組織によって異なるものができるのです。

ISO9001やISO14001などのマネジメントシステム規格には、組織を管理するために必要な要素が書かれています。国際基準として全世界に通用しますし、社内管理のための有効なツールでもあります。ぜひ、皆で組織の「チカラ」を高めるツールとして最大限に有効活用して行こうではありませんか‼

次回からはわが社のISOマネジメントシステム14001の具体的内容について少しずつお話しいたします。

関連記事

インフォメーション

クリーンぷれす

クリーンぷれす

CSR