設備の作業 その8

クリーンぷれす

技術統括部 設備管理第一課 熊谷です。

 

今号から②台所水栓スパウト部より漏水する件の交換説明をしたいかと思います。

先ず漏水の原因としまして、スパウト部内部の水栓器具本体についているUパッキンという黒いUの字になっているゴム状の部品が劣化してしまった事により内部とスパウト部に隙間ができてしまい、スパウトの上から又は、下から漏水するというものです。

交換の手引きとしまして前号(設備の作業その7)でご説明させて頂いた水栓ハンドル及びカートリッジの押さえを取外し又カートリッジを取外して初めてスパウト部が外れる様になっております。

さて水栓ハンドル及びカートリッジを取外しが出来ましたら水栓器具をなるべく傷付けない様にスパウトを左右に振りながら上に引き上げていくとスムーズにはずれます。

精密ドライバー又は手でも外すことができますが、パッキンが劣化しており手が汚れたり回りが汚れますので、外し終わったらウエス等汚れていい物で回りを綺麗にして下さい。

Uパッキンの取り外しが終わりましたらUパッキンが付いていた部分をウエス等で清掃し異物が無いように取り外し後、工程は終了になります。

清掃する理由としましては異物等が本体に残ったままだと漏水の原因になるので、未然に防ぐ為にも清掃が必要になる為です。

交換前の注意事項としましてUパッキンを取り付ける際に向きがあります。

Uパッキンの取り付けが終わりましたら取り外しと逆順でスパウトを左右に振りながら下に差し込み根元までしっかり入れてカートリッジを外している場合は前号(設備の作業7)で説明した通りの方法でカートリッジを新規のものに交換し外していない場合はそのままカートリッジ押さえを付け水栓ハンドルを取り付けて基本的なUパッキン交換の全工程が終了になります。

次回は「シングルレバー水栓本体よりじわ~と水が出てくる」の説明をしたいかと思います。

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR