社長の読書部屋

社長の読書部屋

素敵な日本人 東野圭吾短編集 東野圭吾

私の好きな東野さんの短編集です。「四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編」「読書の愉楽」とは優雅なものです。毎日一編ずつ読みました。「豊饒で多彩な短編ミステリーが日常の倦怠をほぐし」てくれました。皆さんもぜひ読んでみてください。

関連記事

インフォメーション

クリーンぷれす

クリーンぷれす

CSR