ISO内部監査員研修セミナー

ISO事務局だより

平成29年8月7日、「ISO14001:2015 内部監査員のための改訂版差分研修セミナー」を住宅管理課 山崎が受講してきました。

まず始めに、ISO内部監査員って何?と思った方にISO内部監査員のお仕事を紹介します。
「内部監査は自分達で会社の仕組み・業務の問題点などを発見し、改善を提案する仕事です。」し、改善を提案する仕事です。」なぜ内部監査員が必要なのか、それは、自部門で監査すると、現場の苦労がわかっているため、多少のルール違反は仕方がないと見逃してしまうことがあります。しかし、不適合は不適合として指摘しないと改善されません。分かってはいるが、見逃しがちなことをダメだとはっきり言うのが内部監査です。

では、どのような手順でチェックしているのか?内部監査は以下の手順で行います。1.内部監査員がマニュアルをチェックし、「監査で質問をする項目」を確認する。2.監査の当日、チェックリストを中心に、部門長及び作業責任者等に質問する。3. 監査結果が「適合」か「不適合」かを評価する。4.評価した結果を報告書にまとめ、是正処置を依頼する。5.是正した内容が適切かどうかをフォローする。この様な方法でチェックします。

今回のセミナーでは、ISO14001:2015が改訂するにあたっての目的を主眼として、新しい規格内容を解説して頂きました。

1.ISO14001:2015 規格改訂の概要

2.ISO14001:2015 規格詳細解説

3.演習:グループディスカッション(発表含む)

4.修了テスト

以上が、セミナー内容でした。机に座っての講習は久しぶりでぐったりしましたが、とても勉強になりました。
10月に2年目更新審査がおこなわれますので、これからも環境マネジメントシステムが有効に実施され、維持されているかどうかを厳しくチェックしていきたいと思います。

関連記事

インフォメーション

従業員募集

クスクス焼却炉

家財整理空家管理遺品整理

クリーンぷれす

CSR